【ヴィジョン・スパイラル・セッション】資格講座を受講して感じたこと

ヴィジョン・スパイラル・セッション

ヴィジョンスパイラル講座

皆さんこんにちは!七色レッスン 青柳みかです^^

TCカラーセラピーの新しいセッションの提供に向けて
ヴィジョン・スパイラル講座を受講しました。

 

学びに行った先は、こちら。

●プリズム ~癒しと学びのサロン~
http://ameblo.jp/prism-iroiro/

 

今のところ新潟では受けられない講座なため
勇気を出して東京まで行ってきました。

講師は、つるみ先生。(右)

お会いした瞬間になぜか「ハグ」♪
いきなり波長が合ったのにはお互いにびっくりでした^^

ヴィジョンスパイラル講座

 

ヴィジョン・スパイラル・セッションとは

img_9302

私たちの世界は、さまざまなリズムや循環に満ちています。

・自然のサイクル
・人生のサイクル
・経営のサイクル
・人を動かし成果を出すためのサイクル などなど

 

そう、自分の中にも潜在しているサイクルパターンがあります。

うまくいく時・いかない時。
どんなことに価値を感じ、どのように進んでいきたいのか・・・。

ヴィジョン・スパイラル・セッションは
手放したい古いサイクルを、
理想の新しいサイクルへと書き換えるセッションです。

 

 

3つのワークからなる ヴィジョン・スパイラル・セッション

セッションを提供するために、やり方を学ぶのはもちろんなのですが
講座そのものが深いセッションとなるために
私自身が「クライアント」を体感します。

 

なので、ここでセッション体験をシェアしつつ
どんなセッションなのかをご紹介。

 

まずは、「潜在サイクルワーク」で 今までのサイクルパターンを導き出します。

 

img_9301

 

まずは、直感で・フリーに・4本のボトルを選んで自由に置きます。

春⇒夏⇒秋⇒冬 

季節のサイクルになぞらえて、ボトルを眺めつつ
自分の行動パターンを思い出していきます。

 

ここで私、自分の中にある深いブロックに気づきました。
うまくいかなくなるパターンの中に、
自分にかけていた呪縛がありました。

ブロックとは自分で自分にかけている無意識の制限。

「やってはいけない」という思い込みのことです。

 

季節サイクル<夏>の、ものごとが軌道に乗ってくるときに
必ず強いブレーキをかけてしまう心理的なクセがあったんです。ひえー。

 

次は「価値を見つける14色の質問ワーク」

カラーや心理の知識を学びつつ
ひたすら「自分」を見つめる作業!

ヴィジョンスパイラル講座

 

私にとっての価値は何か?

14色のカラーからなる質問に答えていきます。
ここはさらさらと・・・。

だんだんと自分の求める「価値」に気づいていきました^^

私が価値を感じるものは
「話す」と「聴く」によるコミュニケーションの深まり。
カラーで表すと、ブルーとイエロー^^

それによって、
心の重たい【おもり】を軽くしていくことでした。

 

最後は、新しいパターンをインストールするための 「ヴィジョン・スパイラル・ワーク」。

ヴィジョンスパイラル講座

 

今までパターンでいいの?
どのように軌道修正をしていく?
どんな季節サイクルを作っていきたい?

理想のサイクルを思い浮かべながら(ヴィジョン)
新しいライフサイクル(スパイラル)を描いていきます。

ヴィジョンスパイラル講座

 

この受講で、自分の「一番大切なモノ」に気づきました。

それも「人生」とか「生き方」のような
大きな枠組みで、自分を客観的に捉えた視点で。

 

浮いても沈んでも、【今ここ】の位置がわかることで
次に向かうべき指針が見えてくる。

ヴィジョン・スパイラル・セッションは
そんなセッションだと感じました。

 

 

楽しい時間はあっという間に・・・

img_9305 img_9306

お菓子とお茶をいただきながら、講座のまとめへ。
このころには日が暮れて、外は真っ暗!

 

一日ではとても入りきらない知識と実践の濃厚さ。
つるみ先生は、明るく楽しく、
かつ的確に講座を運んでいきます。

 

知識のインプットと講座の運び方
つるみ先生のエモーショナルなエネルギー^^

いろいろな刺激をいただきました!

 

まだまだ頭の中は、いただいた知識が混とんとしていますが
少しづつ整理をつけてアウトプットしていきます。

 

今後はヴィジョン・スパイラル・セッションを
積極的にメニューに加えていきたいですし、

ここで学んだ講座の運び方や、知識の伝え方などを
今後の活動に生かしていきます。

 

つるみ先生、共に学んだ受講生の皆さん
そして、お休みをくださった皆さん
どうもありがとうございましたm(__)m

 

引き続き温かく見守っていただけますと幸いです^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました