d社エッセンシャルオイル集まりにて気づいたこと

皆さんこんにちは。
七彩レッスン カラーセラピストの青柳みかです^^

いつもありがとうございます。

先日、do-TERRAの愛好者が集まる会に参加して

あるお母さんの
d社エッセンシャルオイルを使った子育てのお話を聴きました。

そのお母さんは、早期胎盤剥離で
脳に重い障害を持った赤ちゃんを産み育てています。

笑いあり、涙あり、、、

do-TERRAの仲間の多くは
エモーショナルで温かく、付き合いやすくて大好き^^

集まりが終わった後、和んだ空気のまま
モスバーガーでランチをしました。

モスでもチキンを食べるワタシ。
(チキン大好きですねん。)

仲間たちの声を聴きながら、ふと思ったこと。

アトピーを例に挙げると、

自然療法では、
カラダが毒出しのためにアトピーが出るという考え方があって

ケアを始めると一時的にアトピーが酷くなるけれど
出るものを出してしまうとだんだん収まってくる

そんな風に言われています。

do-TERRAのオイルを使ったケアも
そういう考え方をすることが多くて

私も納得する部分がありました。

今回の私の「うつ」についても

今までにないくらいに
ひどく重症でドロドロだったんですけど

それも毒出しだったのかしらーと

ふっと思いました。

人って何かあると、弱いところに症状が出るんだとか。

私、体は丈夫で風邪やインフルには強いし
お腹も丈夫だし、皮膚もトラブルなしです。

だから、メンタルにどどーーーっとしわ寄せがあり
毒を出し切って、

いっそ、病み切ったことで元気になったのかしら^^

今はすこぶる快調♪

シブ柿も、渋みが抜ければ甘い柿になります。

病んだ時には病み切って
毒を出すのがいいのかもしれません、なんてね^^;

——————-

お問い合わせ・お申し込みは
こちらから