この先未来の可能性・・・セッション練習での気づき

皆さんこんにちは。
七彩レッスン カラーセラピストの青柳みかです^^

いつもありがとうございます。

さて、先日のTCカラーセラピスト講座にて。

セッション練習では、
まだまだ入院中のことが浮かんできたので

カラーのチカラを借りてアウトプットです。

被害妄想にとらわれていた時、

私はすべての友人・知人が自分を嫌って離れていったと思い込んでいました。

もうこの世の中に自分の味方はいない、と(^^;)

だから、誰かに会うのが怖くて怖くて

誰にも会いたくなくなって

自分で心の壁をどんどん高く厚くしていきました。

そんな時、最後まで私に寄り添ってくれたのが家族。

夫のノリさん、

二人の娘たち、

実家の両親と妹、、、。

絶望感のドン底に落ちてしまった(妄想でね)私を

首の皮一枚のところで思いとどまらせてくれて

必ず治る!と信じて病院へ連れてってくれて

必ず良くなる!と言い続けてくれた家族たち。

入院生活のおかげで、心の健康を取り戻し

セラピーに頼るよりも
正しい処方と投薬で鬱は良くなるんだ!という体験ができたこと。

家族の愛情と温かさを実感できたこと。

入院中にも新しい出会いがあったこと。

これからの私にとって【宝】になる体験がたくさんできました。

退院をして約1ヶ月が経ちます。

その間、できるだけ多くの人に会いにいきました。

一緒にご飯を食べながら、やっぱりあれは被害「妄想」で
事実ではなかった!ということを確認しては一緒に笑う日々を送っています。

心が病んだ時は、姑息になるし
卑屈にもなるんだなぁ~と、しみじみ思います。

私が鬱になったのは、
仕事が変わったことが大きな引き金でした。

25年間続けてきた仕事を突然辞めてしまったことで
大きくバランスが崩れてしまったようですし、

それまでにも、娘の結婚や姑さまの介護や葬儀など
大きなライフイベントがてんこ盛りだったこと。

そこに加えて、大好きなカラーに大きな責任が生まれて
カラーを続けること自体がプレッシャーになってしまったこと。

そんなこんなで、知らず知らずのうちに
ストレスを抱え込んでいたようです。

恐いのは、そのストレスを「抑圧」していたこと。

抑圧するとなにも感じなくなります。
感じないので、気づけなくなります。

しまいにはなにも動けなくなり、
ロボットみたいな動きになりました^^;

心が病んでしまうのは、「そっちじゃないよ」のサイン。

私は、パパママはうすを辞めたことで
カラーセラピーで独り立ちせねば!に固執していましたが、

そっちじゃないんでしょう、きっと。

この先未来の可能性、、、として見えてきたのは
入院生活を通して感じた障害福祉・介護への思い。

カラーセラピーに固執することなく

カラーセラピーを続けながらできること

新しい分野への好奇心と可能性を見つめていこうと思います。

ヒーリングカラーは

”理想”のパープル
”成長”のグリーン

やっぱり、カラーセラピーは素晴らしいです^^

——————-

お問い合わせ・お申し込みは
こちらから